海外旅行 行った人しかわからない話

海外旅行に関するいろいろな情報を載せてます。

オーストラリア うるるん 旅行記 ⑥ ケアンズ到着

あれスーツケースが

朝4時、外はまだ薄暗い。スーツケースを

受取場所で待つ。ワイフは今回の旅行の

ため新しく購入したソフトタイプである。

同じメーカーの持っている人が多い。最近

流行なのだ。私のはもう10年前に買った

ものである。だからTSAロックも付いて

いない。流れてきたものを持ち上げて引い

て歩こうとすると、なんか変だ。ひっかか

るような感じなのだ。4つある車輪の一つ

の動きがおかしい。そういえば、スーツ

ケースを預けるとき大きな音がしたこと

を思い出した。

まぁ何とかなるだろう。と時々ひっかかり

ながら出口へ急ぐ。

出口では、小柄な男の人が待っていた。

もう一組がいるらしい。外に出てみると

ワゴンとそれに牽引されたボックスがつ

いていた。もう一組の人たちは新婚さんだ

乗り込むと最初に、オーストラリア独特の

ルールを説明された。とにかくシートベル

トの着用が厳しいらしい。それは、観光者

も変わらないそうだ。すぐに罰金を取られ

るので、必ずしてくださいとのことだった。

20分ほどでホテルに着いた。

ホテルの部屋からの眺め

 

 

 

 

オーストラリア うるるん 旅行記 ⑤ ジェットスターはどうだ

なんとラッキーな席

飛行機には、修学旅行生が先に乗り

込んでいた。3席ある一番窓際は空いて

いる。つまり誰も来ないのか。なんと

ラッキー空いたまま出発となった。

初めてのLCC。その席は狭いと聞いて

いたが、そんなに狭くない。ただクッ

ションが悪いような気がする。

おまけの装備品はどうだ

前の座席の入れ物のなかに、救命道具

を入れるようなパックが置いてある。

中を開けると大きなブランケットと

歯磨きセット、アイマスクと靴下が

入っている。ブランケットは大きくて

使えそうだ。そして座席にある液晶テレビ

を操作すると映るではないか。しかし

映画を選択するとみんな有料。これだな

あんなブランケットよりテレビを無料

にした方がいいのにと思った。

しかたなく持ってきたIPADでワイフ

が映画を見るという。その準備をする。

あらかじめ100均で探しておいたダブル

イアホンを付けて二人で観賞を始める

が、映画の内容が暗くてつまらない。

私はあきらめてしまった。そうして

いるうちに夕食が運ばれてきた。

この匂い、カレーだ。でもお腹が

いっぱいで食べることができない。

装備セット使えるものはブランケットだけ

 

アイマスクをして眠ろうとするが、なぜか眠れ

ない。やっぱり椅子がよくないのかもしれない。

うとうとしながら時間が経過し、ケアンズには

予定どおり朝4時にケアンズに着いた。

 

 

 

 

オーストラリア うるるん 旅行記 ④ 成田からようやく出発

やっとのことで成田を発てる

成田に一日は、思いもよらない家族旅行と

なりました。成田山へお参りして、ウナギ

食べて、これは国内旅行だから簡単に書きます。

成田を楽しんで空港ターミナルに帰ってきた

5時過ぎ、預けてあったスーツケースを取って

そしてあのフードコートへ、娘たちの家族は

約1時間遅れ位で活動しているからまだ成田

山であろう。

7時から航空会社の手続きが始まるというの

で昨日の失敗を教訓に、すぐに並ぶことにした

並んだ後すぐに昨日の修学旅行の団体がきた

よかった。でも彼は明らかにテンションが

下がっていた。

手続きが開始されるとなんだか、別の方向に

向かっているような気がする。

そして、近づいてくるとなんと、マニラ行きの

列にならんでいたのである。

それでも、とぼけて呼ばれたので受付をして

もらうことにした。一瞬ひるんだ手続きの人

であるが、昨日の欠航のこともありにこやかに

対応してくれた。スーツケースを持ち上げて

秤に置くとガタンと音がした。係りの人も

スーツケース周りをみたが、特段かわった

ようすもないので、そのまま荷物はベルト

コンベアーで運ばれた。

我々が受付を終ったあと、受付の人が

英語で「なんか混じっているみたいよ」

と言っていたようだ。

時間があるので、フードコートで夕食。

最も私はお腹がいっぱいで食べられない。

子供たちがうどんやたこやきを食べて

いた。

税関通過には、今度は、機械で行う

コースになっていた。

これは、簡単でいいが、ハンコをおして

くれないのがつまらない。

生意気にパスポート見るのか

搭乗口まで行ってあと2時間近くを過ごす。

修学旅行生はどっかにいっているのかい

ない。搭乗手続き30分前になってぞろぞろ

でてきた。そして、いよいよ始まるとその

修学旅行生が先に通されている。

引率の先生が大声で、パスポートを見ます

あけておいてと言っていた。

あんまり搭乗口でパスポートを見せること

がないので、ちょっとびっくり。

飛行機の乗り口までいくと、ワイフが

先にチケットをCAに見せて場所の指示を

うけた。私も続こうとするとチケットは

と提示をもとめられた。これもあんまり

ないことだ。うろたえてしまった。

席は、後方3列の通路側2席である。

当然私は通路側。開いている席はだれが

くるのだろう。

これから7時間弱の空の旅が始まる。

マニラ行きの列にならんでしまう。

 

 

 

オーストラリア うるるん 旅行記 ③ 成田泊

乗車拒否までされて

突然の欠航、説明もあまりなくて

ただ、おろおろするばかり、HISの添乗員

が、自分のツアーの人に説明するのを盗み

聞きして何とか自体がわかる程度。

とりあえず、出国しているので、もとに

戻らないといけない。

航空会社の人らしき後についていくと

税関を逆にいく。そして、通過する際に

出国中止のはんこをおされる。これは

めずらしい。ちょっといい気になった。

出たところで、今日はどうするか、空港に

泊まるか、ホテルか。その時娘の旦那が

やってきて、ネットでホテルが取れたから

といってきてくれた。おっ行動が早いね

ちょっと男をあげたかも

とりあえず、スーツケースをとってホテル

にむかうため、外にでた。

ちょうど向こうにタクシーがいるではないか

ちかよって「ホテル日航成田」へ行ってくれ

というと、これ予約だからだめ、向こうに

行けば無料のバスがあるよと言われた。

そうかと納得してバスの方向に向かうと

後ろで、「どこまで帰るの」別の客に聞いて

いる。そう長距離狙いなのだ。体よく断られ

た。しかたない向こうも商売だ。

バスの時刻を見ると最終が30分後。それまで

コンビニで腹ごしらえ。これも補償のうちだ

豪華にサンドイッチと酎ハイで夕食。

ほどなくバスが来て、日航ホテルに着いたので

した。

f:id:jeboyhero:20181204212443j:plain

珍しい出国中止のハンコ

 

 

 

オーストラリア うるるん 旅行記 ② 成田でびっくり

いつもと違う順調な滑りだし

私のジンクスの一つに旅立つ前に

悪いことが起きるといい旅になる

というのがある。

学生時代から山登りをしているが、

出発前に悪いことが起きると天気に

めぐまれたり、ふだんは会えない

動物に合えたりとアンラッキーが

ラッキーに変わるんです。

そして、ワイフと海外旅行に行く

時もよく出だしで失敗していました。

そして、楽しい旅行となりました。

今回、朝から順調でした。

忘れ物なし、時間も問題なし。

電車に遅れることもなく。そして

忘れ物もない。

体も絶好調。

ということは、事件が起きたのです。

欠航は結構なことではない

出発時間は1時間遅れています。と

言われていた。

それくらい仕方ないな。帰って

ケアンズには、朝5時となってちょうど

いい。なんて思っていた。

たまたま、娘夫婦と子供たち2人

そして、向こうの親と妹みんな同じ

飛行機である。

成田では、久しぶりに家族がそろった。

我が家は、普段はバラバラに住んでいる

正月だけ集まるのである。

修学旅行の団体と一緒だった。元気の

いい高校生が騒いでいる。

食事を済ませて、出国した。そして

ゲートの前で待つ。2時間遅れている。

まったく動く気配がない。案内もない。

11時になった。たしかもう成田は

離陸できない時間である。

すると突然アナウンスが、本日

設備不良のため欠航となります。

静かなざわめきが広がる。

どうすんだよ、これから。

予期せぬ事態に茫然として、話す人

もいない。

どうすんだよ。これから。

飛ばない飛行機 役立たずめ

オーストラリア うるるん 旅行記 ①

お久しぶりです。

11月9日から11月18日までオーストラリアに

行っていました。

今回は、話題豊富。いろんなことがありま

した。まだ、旅行記としてまとめていません

が、少しずつ紹介したいと思います。

今回の一番の目的は、結婚式出席です。

我が娘がケアンズで結婚式を挙げるという

ことなので、急遽オーストラリア旅行と

なったのです。

そして、それだけでは終わらない私とワイフ

その結婚式の前後は自分たちでも楽しもう

という計画になりました。

計画は周到に

オーストラリアといえは、コアラ、カンガルー

そして、なんといってもエアーズロック

来年の10月26日に登山禁止になってしまう。

山やでもある私にとって登ってみたいのは

当然のこと。

だから、コースにいれた。そしてどうせなら

オペラハウスもとのことで、シドニーにも

行くことにした。

そして、食事付のツアーを検索。ちょうど

いいのが近畿日本ツーリストにあった。

飛行機の都合もあり4日前に出発して、

ケアンズで2日間観光したあとに、結婚式

出席だ。そして晴れて父としてあこがれの

バージンロードを歩くのだ。

会社の連続休暇は最大で8日間しかとれない

でも、結婚式出席を理由に強引に休暇をと

った。

しかし、かってないほどの事件が満載。予定変更

当たり前の旅となりました。

 

海外旅行は失敗だらけ ペルー・ボリビア

あっカメラがー

早朝でかけたあと、ホテルの戻り

朝食を食べた。そしてまたウユニ塩湖

に戻る今日は、天気がいい。

まるで、スキー場のような真っ白な

大地に青空と雲が広がっている。

まさに夢の世界である。

四輪駆動者は、旦那が大人しいカップ

と私たち4人で乗っている。降りるたびに

席をかえているのだが、今回は運転手の

反対側のドアになった。

いよいよ撮影できる場所まで来た。

出発の時は、いろんなツアーの車が

あったが、もう見渡す限り車がない

やっぱり広い。

360度カメラと一眼レフを首に下げて

車から降りようとした瞬間。

一眼レフが転がった。

あれ、

そう、首にかけていたはずが、

そして、水が薄く張っている地面に

ぼちゃ。

やばい。慌ててひろう。

そう、水ではなく、塩水である。

タオルで拭く。そして作動を

確認する。

何とか動く。しかし、乾くと塩が

出てくる。あーあ時間経つと

壊れるかも。

かなり落ち込んでしまった。

さて、今日からオーストラリアに

旅行となります。

夜8時の便で飛びます。

ですから10日ほどこのブログもお休み

です。

次回はオーストラリアの話題で

お目にかかると思います。

よろしくお願いします。わぉ!